ドライヤーの冷風と温風はどう使い分けるの?


冷風のスイッチってなんの意味があるのか・・・

こんにちは♫

 

京都市下京区 四条大宮の美容室

Hair Relax Castello (ヘアリラックスカステロ)です。

 

 

今日は、お客様のご質問から・・・

 

「ドライヤーの冷風ってなんのためにあるの?」

 

はい、大変素朴な疑問をありがとうございますヽ(*´∀`)

 

確かに、意味ってあるのかしら?と思いますよね。

 

 

むしろ、夏の暑い時期に髪をドライヤーで乾かすときに、

 

汗が出てきそうになった時に、冷風に使うやり方もありますが・・・(笑)

 

 

そのやり方もありますが、本来は

 

ブローの仕上げやツヤを出したい時に冷風を使うといいんですよ♫



美容室でブローしてもらった後は、


いつもならパサパサに見えてしまう髪が ツヤツヤ に見えたりしませんか?


あれは、温風でやさしくキューティクルに沿うようにブローをして、キューティクルを均一に揃えていきます。


そして仕上げで、冷風をさっとあてることで、形がきれいに持続するんです。

 


また、コテで巻いたあとにカールの熱を冷ましてからほぐしてあげることで、


カールの持ちが良くなったりもします。




少しだけ、話が反れますが、


皆さん、鍛冶屋さんの刀はどうやって作るか知っていますか?


鉄の塊を真っ赤になるまで高温で熱し、 その状態で叩いて伸ばしていきます。


そして、形ができあがってきたら、 水につけて冷ましますよね。


そうすることで、刀は強度が増していき、形がきれいに整うんです。



実は、ドライヤーの温風と冷風も似たような効果がありますので、


ブローや乾かしたあとに、冷風をやさしく当ててあげることで、よりブロー後のスタイルがキープしやすく


なったり、ツヤツヤになったりするんですよヽ(´▽`)/



みなさんも、一度チャレンジしてみてくださいね♫♫


乾かし方のポイントはこちらをご参考に♫♫ ⇒ 右(左)だけハネるのはなぜ?