洗い流さないトリートメントはどこにどれくらい付けるの?


ただつければ良いというものでないです

こんにちはっ♫

 

京都市下京区 四条大宮の美容室

Hair Relax Castello (ヘアリラックスカステロ)です。

 

今日もご質問から、

 

「洗い流さないトリートメントを付けるときは、どれくらいの量をどこにつければいいですか??」

 

すごく素晴らしいご質問をいただきました。

 

そして、間違ったつけ方をしている方も多いのも事実・・・

 

 

洗い流さないトリートメントをつける場所、

 

ずばり、それは 毛先 です♫

 

むしろ、それ以外をつけても効果は期待できない上に、ベタつく恐れが高いです(´;ω;`)

 

 

そもそも、トリートメントは、髪を保護するモノですので、

 

一般的な洗い流さないトリートメントは コーティング力が高く、髪を覆い囲むイメージです。

 

特に、オイルタイプや しっとり と書かれたものは、さらにその力が強いと思ってください。(一般的に)

 

 

そして、髪の毛は、 ロングの方だとわかりやすいのですが、

 

根元~10cmくらいまでは、ほぼほぼ健康毛に近く、

 

中間辺り~毛先にかけてダメージが進行しています。

 

つまり、場所によって、ダメージの度合い(レベル)が全く違うんですね。

 

 

その状態で、

 

しっとりする洗い流さないトリートメントを根元からつけてしまうと、

 

毛先はちょうど良い手触りになったとしても、根元付近は、コッテリなってしまうということです(´・ω・`)

 

 

 

これでは、見た目もあまりよろしくないですよね・・・

 

 

なので、洗い流さないトリートメントをつけるときは、

 

少しだけ手にとり、しっかり手のひらで伸ばしてから、毛先あたりにつけてあげましょう♫

 

もしも、トリートメントが手に少し残っていたとしても、タオルなどで拭き、しっかりと毛先を馴染ませてあげてください。

 

さらに、手グシは多少ムラにつきますので、その後、軽くブラッシングなどをすれば、

 

より均一にトリートメントがつきますよヽ(´▽`)/




ちなみに、当店では、洗い流さないトリートメントをつけることはほぼないです。


つけなくとも、丁寧にブローをしたり、乾かしたりするので、基本は必要ないものだと思っています。


しかし、お家では、そんな風に再現しにくいと思いますので、


参考程度にしてみてくださいね♫ 洗い流さないトリートメントの付け過ぎは厳禁ですよー(^O^)